疼痛性感覚異常(CRPS,RSD)について

疼痛性感覚異常について説明します。疼痛性感覚異常とは交通事故による外傷の治療を終え、見た目上治っているにもかかわらず腫れがひかず、皮膚の色が異常であったり、痛みやしびれを感じたりするという症状のことで、これをCRPSと呼びます。CRPSとはComplex Regional Pain Syndromeの略で、日本語では複合性局所疼痛症候群と言われます。また、CRPSは交感神経の関与の有無に応じて、神経損傷を伴わない「RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)」と神経損傷を伴う「カウザルギー」のふたつに分類されます。

手の痛み疼痛性感覚異常の殆どは手や足などに発症しますが、稀に体幹や顔に発症するケースもあります。具体的な症状としては「激しい灼熱痛や疼痛」「腫脹(炎症などが原因で体が腫れあがること)」「皮膚の変化(皮膚色の変化,皮膚温の低下,乾燥など」「関節拘縮(骨の萎縮やこわばり)」の4点になります。これらの症状が交通事故の外傷時ではなく、治療中や治療が完了したあとに発症するのがCRPSの特徴となっております。

疼痛性感覚異常の後遺障害等級は一番重いもので7級4号にあたる、「神経系統の機能又は精神に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの」となっており、症状に応じて4等級に分かれています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket