腰部の後遺障害認定基準について

腰部の後遺障害は主に脊椎や腰部の損傷に寄る神経障害となっております。ここでは症状と認定基準について説明します。

診断書脊椎損傷の後遺障害認定において、一番重いものは1級1号にあたる「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」になります。麻痺の程度と、要介護の程度によって定義されています。一番軽いものは「局部に頑固な神経症状を残すもの」で、12級13号にあたり、症状に応じて7等級に分かれています。脊椎損傷において適正な認定を受けるためには、CTやMRIなどの画像所見や、医師が作成した診断書など十分な資料を揃える必要があります。

脊柱の変形や脊柱損傷による運動障害については症状に応じて3等級に分かれております。エックス線写真、CT画像またはMRI画像によってどの程度変形しているかを確認し、認定されます。

脊柱の運動障害の後遺障害は症状に応じて2等級に分かれております。エックス線写真、CT画像またはMRI画像によって頸椎及び胸腰椎のそれぞれにせき椎圧迫骨折等が存していることが確認できる場合や、可動域の制限などによって認定されます

腰部受傷後の神経症状の残存は症状に応じて2等級に分かれています。これは医師の診断に寄るところが多いため、適正な診断書を作成してくれる医師に相談しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket